log book loans logbook loans pi insurance professional indemnity insurance

ミニチュアダックスな生活

「ミニチュアダックスな生活」

は、私が愛犬チャッキー(もちろんミニチュアダックスです)
に教えられたことを含め、ダックスフンドを中心に、犬に関する情報・知識を掲載したサイトです。

すでにダックスと生活されている方、「これから飼いたいな」と思っていらっしゃる方、他の犬種を飼っておられる方でも「へ〜、ダックスってこんななんだ」と、ご訪問頂ければ幸いです。


[チャッキーとの出会い]

2003年が始まって間もないある日のこと、
大阪に住む友人がダックスフンドを拾ったという話を聞きました。
特に「犬を飼いたい」とか「ダックス大好き人間」ではなかった私の反応は
「へ〜、ダックスも捨てられたりするんだ」くらいでした。

                                                            
その友人が、名もない捨てられっこダックスに
「チャッキー」と名付けました。
(ちなみに英語名のチャッキーは普通は男なんですが、チャッキーは女の子です)



あてもない放浪生活からとりあえず保護された
チャッキーですが、その友人の家には
すでに2匹のパグが先住していたのです。

いきなりパグ2匹との共同生活になったチャッキーはさぞかしとまどったことでしょう。
その家のご主人はもともと「パグ好き」なので、(実際に現場は見てませんが)
チャッキーはのびのびとする居場所がなかったようです。


ある日、ご主人が旅行に出かけるので、チャッキーはその方のお母さん宅に預けられました。
でも、お母さんは犬嫌い。しかたなく預かったのでとうぜんながらチャッキーはほったらかしです。
どのくらい後のことか、時間経過はよく聞いていませんが、
お母さんの部屋の隣に住む(アパート暮らしなので)人が
「お宅の犬がウチにきたんだけど」とチャッキーを連れてこられたそうです。
そう、まだ1歳にもなってなかったチャッキーは(おそらくタイクツのあまり)部屋の壁をガリガリ
ガリガリやってるうちに、隣の部屋に到達したのです。


旅行から戻った友人にお母さんが「とてもいい子だったわよ」と言ってないことはまちがいないでしょう。

結局、チャッキーをパグたちといっしょに住まわせるのには無理があると思った大阪友人は、私と同じ舞鶴市(京都府)に住む別の友人に
「誰か飼ってくれる人さがして」と預けました。


新しい(一時的)住居のご主人は動物好きなので、とてもやさしくしてもらえましたが、ここには猫が2匹先住してましたので、やはりのびのびというわけにはいきませんでした。


舞鶴にやってきたウワサのチャッキーに始めて会った時、「かわいいけど、オドオドした」表情を見て
スグに「いっしょに暮らそうか?」と言った私がいました。


そうして私の「ミニチュアダックスな生活」がはじまったわけです。



ミニチュアダックスな生活 TOP

ダックスフンドの歴史


ダックスフンドの種類

ダックスフンドの特徴

幼年期のダックス

少年期のダックス

青年期のダックス

成犬のダックス

老犬のダックス

ダックスの病気

ダックスの困りごと


犬という動物

犬の五感

犬の種類

犬の食事

犬の食物アレルギー

犬から人にうつる病気


管理人プロフィール



リンク集
色々な犬達
犬以外の動物(昆虫含)
ペット・ペット用品ショップ
ペットと泊まれるお宿
動物系お役立ち情報
飲食関係
学習関係
色々な趣味1
色々な趣味2
その他お役立ち1
その他お役立ち2
その他お役立ち3

リンクについて
Copyright(C) ミニチュアダックスな生活 All Rights Reserved